よくある質問

よくある質問

購入時の疑問

Q. 6ヶ月前に転職したばかりですが、住宅ローンの審査は通りますか? 

A. 勤続1年以上が住宅ローンを利用ができる基準となりますが、勤続1年未満の場合でも借りられる場合もあります。その場合転職等の理由と毎月の収入から年収等を算出し、条件が合えば金融機関によって審査に通る事もあります。先ずはご相談下さい。

 

 

Q. 自己資金が少ないですが、マイホーム購入できますか?

A. 自己資金とは物件の購入の際に必要な頭金と諸費用の合計の事です。一般的に住宅ローンは不動産価格の8~9割程度。自己資金は物件価格の1~2割は用意するのが好ましいです。しかし、金融機関によって満額ローンや諸費用ローンなどの利用が出来ることもあります。

 

 

Q. 不動産購入時の諸費用はどのくらい掛かるの?

A. 新居に引越しする代金も見込んでおく事と他に、不動産売買代金にかかる諸費用については、住宅ローン利用の際は事務手数料と、登録免許税、印紙税、不動産取得税等の税金、保証料、保険料など、更に不動産会社を通して契約する際は仲介手数料も掛かってきますので、一般的に売買代金の6%~9%程度掛かります。

 

【購入時の諸費用】についてはこちら

 

 

Q. 不動産購入時の手付金はどれくらいのお金が必要ですか?

A. 一般的に手付金は売買価格の10%を売主様に支払う事が多いようですが、購入者様と売主様との間で変動します。しかし契約を解除したい場合、手付金を放棄(購入希望者に戻らない)することで、無条件で契約を解除する事が可能です。売主様は簡単に契約の解除ができないように小額の手付金は、あまり望ましくありません。

 

 

Q. 希望に合った土地がありません。探すコツはありますか?

A. インターネットの普及で不動産情報は、不動産会社が抱え込んでいる事は少なくなりましたが、まだ公開されてない物件、即ち売却希望者と繋がりのある不動産会社は情報を保有している事も多くあります。その他に、土地のみで探さず中古一戸建て(古家)も視野に入れた方が、情報量が多くなります。中古一戸建てとして売られている物件には、建物が古い事もあり、築20年以上の建物は価値が急激に落ちます。その為、土地価格に近いものもあります。通称「建物付き土地」「上物付き土地」と言います。しかしこの場合、解体費用が建物の大きさによって費用が掛かりますので注意して下さい。

 

 

Q. 中古住宅では、売主が住んでいる事が多いですか?

A. 売主様が引っ越し済みで、空家になっている事もありますが、入居中の売り物件が多いです。入居中のメリットは、家具が置かれていますので、生活スタイルのイメージがしやすい事と、家の光熱費、住環境、学校情報、買い物、雪の状況(除雪、積雪)など住まわれていた方の生の声が聞ける為、新築住宅の見学では得られない街の情報を得られます。

 

 

Q. 中古住宅の場合、リフォームに掛かる費用負担は、売主or買主どっち?

A. 中古住宅は現況引渡しの場合が多いです。つまりリフォームは買主様のご負担となります。しかし、売主も売りやすいように美装(クロス張替、フローリングのワックス掛け等)をしている事もあり、買主の負担を軽減してくれる事もあります。また考え方を変えれば、買主様が自分の好みにリフォーム、リノベーションが出来るメリットがあります。

 

リフォームについては【イエスあとり家】へ

 

 

Q. 夫婦それぞれ資金を出した場合、不動産名義はどうなります?

A. 夫婦それぞれ資金を出す場合「共有名義」になります。資金を出し合ったのに名義がどちらか一方の場合、「贈与税」の対象となってしまいますのでご注意下さい。また、共有名義の場合、不動産の持分は夫婦それぞれ出資した割合に応じます。

 

 

space660x1

売却時の疑問

Q. 近所に知られたくない!ネット広告など行なわないで売却は出来ますか?

A. 広告をせずに売却する事も出来ます。当社独自のネットワークから購入希望者へご紹介したり、不動産物件状況と早期売却の希望者様によっては、不動産買取会社に紹介し物件を買ってもらう事も可能です。※通常の売却値より下回ります。

 

 

Q. 不動産の販売価格はどのようにして決めるのですか?

A. 地域担当スタッフが査定し提案した価格を参考にし、最終的に販売価格は売主様に決めて頂きます。販売希望価格と査定価格が離れている場合は、当社での取り扱いが出来ないケースもございます。理由といたしまして市況などで左右される事があるからです。あまりにも査定額とかけ離れた希望価格ですと、売れる物件も売れないままで、物件のイメージが悪くなる事もあります。急いで売る必要のない物件はそのまま寝かして、数年後に坪単価が向上する事もありますので、お客様の状況をお聞かせください。

 

 

Q. 不動産査定はどのようにするのですか?

A. 査定の方法は、机上査定(簡易査定)と訪問査定(現地査定)があります。訪問査定とは、実際に訪問し建物調査をするので、より具体的な価格を提示できます。その他、部屋や庭の状態、方位などを確認し査定を行います。日当り、騒音なども実際のお部屋で確認を行いますので販売活動に役立てます。 机上査定の場合、電話とメールでのやり取りになります。法規制等の調査、周辺の売出事例や成約事例の調査、市場動向など踏まえ、大まかな査定価格を提示します。

 

ご相談・査定は当社の【不動産無料査定】

 

Q. 査定時間はどの位かかりますか?

A. 机上査定では、過去の成約・販売データを調査した結果で提示しますので、30分~1時間程度かかります。訪問査定は、訪問前に過去の成約データを算出し、その後、現場確認で30分~1時間程度行います。その場で具体的な数字をご案内できる事もあります。先ずはご相談下さい。

 

 

Q. 買主様はいつ見にくるのですか?

A. 買主様と売却者様の希望日時を合わせ、地域担当者と一緒に見学させていただきます。

 

 

Q. 販売前に、壊れている箇所の修復やリフォームはした方がよいですか?

A. 一般的にリフォームする必要はありません。買主様が好みに合わせてリフォームする場合が多いです。但し、汚れが目立ったり、傷が多い場合は、自分で出来る範囲で修復していた方が、部屋の印象が良くなり早期に売却が決まる事もあります。

 

リフォームについては【イエスあとり家】へ

Q. ポスティング広告やインターネット広告への掲載をする場合、広告費用は売主の負担になりますか?

A. 広告にかかる費用は弊社が負担いたしますので、売主様にご負担いただく事はありません。インターネット広告は主に自社ホームページとアットホームサイト、スーモ、連合隊、ヤフー不動産、ハウスタウン、その他提携サイトに公開します。

 

 

Q. 売却代金はいつもらえるのでしょうか?

A. 契約時と引渡し時の2回に分けて支払われる場合が一般的です。(不動産売買ご契約時に代金の5~10%程、引渡し時に残りが支払われることが多いです。)

 

 

Q. 住みながら売却する事はできますか?

A. 出来ます!不動産売却は売主様が住みながら売却を行うのが一般的です。

 

 

boader line1

不動産の購入、不動産の売却、無料査定、不動産買取は石狩市、小樽市、江別市、岩見沢市、滝川市、余市町、岩内町など、石狩、空知、後志管内を直営店舗で網羅する北章宅建株式会社、イエステーション石狩店、イエステーション小樽店、イエステーション江別店、イエステーション岩見沢店、イエステーション後志店、イエステーション滝川店へお任せください。地元の不動産情報が満載の北章宅建ポータルサイトです。不動産を売る、買う、相談する、地元の不動産のことならお気軽にイエステーション北章宅建まで。