美唄「街」情報

地元の街をご紹介します

美唄市について

国道12号線

美唄市内を縦貫する国道12号は、日本の道路で最も長い直線区間である街で、札幌市から旭川市へ向かう道中に日本一長い国道を実感できジョギングをする方もいらっしゃいます。

 

地名の由来は経緯は諸説あるが、いずれもカラス貝にちなみ「ピパイ」(カラス貝・川)、「ピパオマナイ」(カラス貝・ある・川)、または「ピパオイ」(カラス貝・多い・所)のいずれかから転訛したとされております。

前身の自治体名である「沼貝」はこのアイヌ語を意訳したとされるもので、美唄駅開設後の1882年(明治25年)に駅周辺が字ピパイと付けられ、1900年(明治33年)に漢字の「美唄」となりました。つまり「美唄」は行政より駅名が先行して付けられた名前です。

観光施設では「安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄」

安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

アルテピアッツァとはイタリア語で「芸術広場」を意味します。炭鉱の閉山で子どもが減り、廃校になった旧栄小学校を活用し、世界的彫刻家で美唄市出身の安田侃氏の作品約40点を常設展示しています。また、アートスペースやギャラリーでは年間を通してコンサートや展覧会を開催しています。

 

美しい眺めで、周囲の落葉樹の紅葉と安田侃の彫刻作品が見事に融合し一体化しています。自然も含めて一つの作品に感じられる美術館です。建物は廃校後の古き良き昭和の校舎ですが周囲になじみ、タイムスリップした感覚にもなりますよ。

お役立ち情報

boader line1

不動産の購入、不動産売却、無料査定、不動産買取は石狩市、小樽市、江別市、岩見沢市、滝川市、美唄市、余市町、岩内町など、石狩、空知、後志管内、札幌市手稲区、札幌市西区、札幌市北区を直営店舗で網羅する北章宅建株式会社、イエステーション石狩店、イエステーション小樽店、イエステーション江別店、イエステーション岩見沢店、イエステーション後志店、イエステーション滝川店、イエステーション小樽駅前店、イエステーション札幌手稲店、イエステーション札幌北店、イエステーション美唄店へお任せください。地元の不動産情報が満載の北章宅建ポータルサイトです。不動産の中古住宅・戸建て、土地、中古マンションを売る、買う、相談する、地元の不動産のことならお気軽にイエステーション北章宅建まで。